年商の4分の1をエラスチンが占めるように!導入後のサロンとお客様の変化

小林広実先生 北海道
インストラクターコース受講
導入のきっかけ

北海道の厚別区で鍼灸院を夫婦で経営しています。
エラスチンは鍼灸の治療効果を高め、当院にも多く来られる不妊でお悩みのお客様にも役に立つものだと感じ、すぐに導入を決めました。

小林先生
導入後の変化

導入後、体重は変わらないのにお客様から「痩せた?」と聞かれるなど自分自身がすぐに効果を感じました。
当初は長く通われているお客様にご紹介し、使っていただくところからスタートしたのですが、結果が出ること、そしてエラスチンは自分の体では作ることができないことがお客様に認知されていく中で愛用者が増えていき、導入してちょうど1年になるのですが、昨年の年商のうち25%はエラスチンの売上が占めるまでになりました。

「自分自身を磨くことができ、
それがお客様にも喜ばれる」

当院では 治療に来られるお客様のビフォーアフターをずっと撮り続けているのですが、変化をお客様自身が感じられていることが、ずっとリピートしていただけている要因だと感じています。

またエラスチンを使われているお客様自身の意識も変化していっているように感じています。

自分自身の体の変化に敏感になり、また自分に投資することで性格まで変わったり、新しいことにチャレンジするようになったり…いいものを使うというのはモノの効果以上の変化があるように思います。

インストラクターの仕事と今後の展開

インストラクターとして、スクール事業も北海道で展開しています。
技術や商品知識を教えるだけではなく、受講生にはカウンセリング・売り上げのしくみ・集客など「経営者としてのマインド」も同時に伝えるようにしています。

私自身が経営する中で最も大切にしていることは「他サロンとの差別化」。

「体の内側からきれいになる武器」であるエラスチン美容は差別化においてもぴったりなアイテムだと感じています。

美容の仕事は「自分自身を磨くことができ、それがお客様にも喜ばれる」素晴らしい仕事です。
スクールでは自分自身の経験や知識を余すところなくお伝えし、幸せなサロン経営者を育てていきたいです。